妊娠中の体重管理

妊娠して、健診に行くようになると、赤ちゃんの様子と「体重」に一喜一憂するようになります。

赤ちゃんの様子に関しては、自分の母性にひたれる楽しい時間でもありますが、体重管理に関しては下手すると、仕方ないとは言え、「アンタしっかりしなさいよ」的な指導を受けることになるので、ほとんどの妊婦が体重の数値に躍らされる訳です。

私には2人の子どもがいますが、特に第一子の時にお世話になったクリニックが、体重管理に甘い方で。里帰り出産したので、実家近くの病院に転院した際、最初の健診で体重に関して軽く注意されました(笑)
でも悪阻で食欲減退したとこに、安定期になって食欲回復。更に体が糖分欲するんですもの。
頭では、よぉ~くわかってますよ。体重の増加を最低限にしとかないと、産後泣きをみるってことも。でも、何故かその手にはお菓子の袋が握られてるんです。

第二子の時は妊婦生活や健診の要領もわかってるので、便秘や体重管理はしっかりできました。
食生活に関しては、上の子がいるので、子どものご飯もちゃんと用意しなきゃいけないし、ジャンクフードばかりに頼る訳にもいかないっていうのが逆に助かりました。

でも、出産後の体重変化は、第一子の時はらく~に妊娠前に戻ったのに、第二子は未だに中途半端に名残が残ってます。
第一子の時の勝因は、春生まれで夏に子育てをワタワタして汗ダラダラかいたせいかと。第二子は秋生まれで冬ワタワタしても大したカロリー消費じゃなかったんですね。あと、代謝能力が2年でかなり衰退したようです。
ポッコリお腹は、オンナの勲章と開き直ってます。